『ベランダ床のグレー色の塗料が剥がれてるのですが…』

表面のグレー色の塗料は、トップコートや保護塗料などと呼ばれています。これは、FRP防水層を紫外線などから守るためのもので、表面塗料のひび割れや剥がれによってただちに雨漏りすることはありません。
しかし保護塗料がないと、熱や紫外線・空気中の窒素酸化物・加水分解などにより、FRP防水層が徐々に劣化しますので、あまり長期間放置しないほうがいいでしょう。

FRP防水・トップコートのはがれ


『なぜトップコートが剥がれたりひび割れするの?』

FRPはポリエステル樹脂をガラス繊維で補強した、繊維強化プラスチックです。
ポリエステル樹脂は、空気に触れている部分は硬化しにくいので、防水工事で使用するポリエステル樹脂の液体は、パラフィン(ロウの成分)が入っている樹脂で積層します。
このパラフィンが樹脂の上に浮いてきて、空気を遮断するので硬化が促進されるのです。
逆に、パラフィンが入っていないと、表面が硬化しにくくなります。

FRP防水を施工後、このパラフィンを研磨・溶剤でのふき取り除去をしっかり行わずに、トップコートを塗ると、すぐに剥がれる原因となります。
つまりパラフィンが間にあることは、密着してないことなのです。
トップコートの厚塗りなどの、施工ミスによって早期にひび割れすることもあり、新築から1年足らずで剥がれたという話しもあります。

現在多くのベランダに塗られているのは、硬く耐摩耗性に優れたポリエステル系トップコートですが、経年劣化や紫外線でパリパリになってきます。たとえ適切な施工を行っても、硬いゆえに下地の動き・伸縮について行けず、ひび割れすることがあるのです。


『なにかいい方法はないの?』

トップコートに、硬いポリエステル系ではなく、伸縮性・耐候性に優れた、FRP防水専用のアクリルウレタン樹脂やアクリルシリコン樹脂の保護塗料を使用する事で、トップコートの変色・ひび割れ・剥がれ等のトラブルが起きにくいFRP防水の仕上げ層を作ることが可能です。


『FRP防水まで割れてしまってるようですが?』

下地→FRP→トップコートと積層してますが、下地までひび割れが達している場合はお早目に対処することをおすすめします。

とくに、下から天井を見て、しみがあるような場合は雨漏りしている可能性が高いのです。見分け方がわからない場合は、どうぞお気軽にご相談ください。

FRP防水のひび割れ



前のページに戻る