雨漏りとは、施工の意図に反し建物内部に雨水が侵入し漏れ出す事を言いますが、雨漏りの原因はなにも屋根や屋上ばかりとは限りません。外壁やサッシ・窓枠まわりや異種部材の継ぎ目など、あらゆる場所のわずかな隙間にでも雨水は侵入します。また、雨漏りではなく給排水管の漏水や結露であったケースもあるので注意が必要です。

長期に渡り雨漏りを放置すると、木材が腐朽しシロアリが住みついてしまい、建物の寿命が縮まるばかりか、カビの発生により健康被害を受けるなどの二次被害が心配されます。
建物も人間の身体と同じように早期発見・早期治療が最善の老化防止策であり、発見・対処が早いほど、被害や雨漏り修理費用も少なく済むのです。

タイル剥離
外壁タイル・不具合箇所から雨水の侵入

天井のしみ・変色
室内・天井のしみ
変色など

サイディングの割れ・シーリング材の劣化
サイディングの割れ・シーリング材の劣化

軒天井への雨漏り・カビ
軒天井への雨漏り・カビ(ベランダ)

サッシ・窓枠周りからの雨漏り
サッシ・窓枠周りからの雨漏り

外壁のひび割れ
外壁のひび割れ部分への雨水の侵入

トップライトの雨漏りや結露
天窓・トップライト箇所の雨漏りや結露

鉄骨造の雨漏り
室内・天井と壁の取り合い箇所への雨漏り

手摺周りの不具合
異種部材の継ぎ目や手摺り周りの不具合


雨漏りの原因・発生要因

  • 建物の経年変化による老朽化および劣化
  • 外的要因(地震発生・地盤・台風・その他)
  • デザイン性優先で雨漏りしやすい設計上及び構造上の問題
  • 下請け業者の手抜き工事や施工ミスによる欠陥                 
  • 建物のメンテナンス不足による急速な劣化 
  • 設計時の想定を超えた豪雨や横殴りの雨、記録的な積雪          
  • 大雪時の積雪によるオーバーフロー、凍害による防水層の劣化進行     
  • 後付けの太陽光パネルなど、屋根材を貫通する雨仕舞の不備。
  • 雨仕舞を十分に考慮してない増築工事による雨漏り
  • 透湿防水シートや防水テープなど、二次防水の不具合

なぜ雨漏りが止まらないのか

「何度も工事をしてるのにまた雨漏りする。」この様な経験をされた方も多い事でしょう。
では、なぜ雨漏りが止まらないのか? 答えは簡単です。それは、雨漏りの原因箇所を特定する事が出来てないからと言えます。

実際に雨漏り現象を充分認識していない業者が、雨漏りの要因や建物の状況を充分に把握しないまま安易な防水工事や修理を行い、その結果雨漏りが治らなかったり一時的には止まったがすぐに再発したという話しが後を絶ちません。

また、雨漏りの原因が1箇所だけとは限りません。一つひとつの原因箇所を特定することが大切です。原因がわかる事によって最適な雨漏り修理方法が導き出されるのです。


雨漏りの原因特定方法

散水調査

赤外線サーモグラフィ診断


原因を特定するための調査方法に散水調査赤外線サーモグラフィ診断があります。散水調査とは原因と思われる箇所に、雨天時と同じ状況を想定した散水を長時間行い、雨漏りの状態を人工的に再現し原因を特定するものです。

前述の散水調査と併用して、調査箇所の表面温度を測定する赤外線サーモグラフィ診断も有効な調査方法です。例えば背面の一部分に水が侵入している場合、他の部分よりも温度が低くなります。このため、表面温度の差異を測定することで雨漏りの存在を推定できます。

目視での「ここだろう」では、確実な補修が出来ません。見当違いの安易なシーリング材の充填では、例え一時的に止まったとしても雨漏りは必ず再発します。


ご相談・お見積りは無料です。

雨漏りは放っておいて自然治癒することはまずありません。早期に修理することは大切ですが、もっと大切な事は事前に雨漏りを予防する事です。当店では、NPO法人 雨漏り診断士協会が認定する雨漏り診断士の資格を2009年に取得し、正しい知識で雨漏りの解決に取り組んでおります。

また、お客様に当店のことや雨漏りについて知っていただくきっかけとして、無料相談や無料お見積りサービスを行っております。私たちは、見積書をお渡し後にしつこいセールスや、勧誘などの迷惑営業行為は一切いたしません。雨漏りでお悩みでしたら些細な事でもお気軽にご相談・お問い合わせください。


雨漏りの対応エリア

  • 埼玉県さいたま市全域(大宮区、中央区、北区、西区、見沼区、岩槻区、緑区、浦和区、南区、桜区)、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、行田市、熊谷市、伊奈町、蓮田市、白岡市、久喜市、幸手市、宮代町、杉戸町、春日部市、越谷市、吉川市、松伏町、草加市、八潮市、川口市、蕨市、戸田市、富士見市、川越市
  • 東京都北区、板橋区、豊島区、荒川区、台東区、千代田区、中央区、文京区