『雨漏りの診断はどんな建物でも対応できますか?』

はい。木造住宅から鉄骨造(S造)・鉄筋コンクリート(RC造)までどのような建物にも対応いたしております。戸建住宅から店舗や工場、ビルやマンションなどの対象建物は問いません。


『お見積りは無料ですか?』

はい。雨漏りの原因、雨漏りを誘発していると思われる要因を探るべく建物の内外部を目視と触診などを無料にて診断します。この時点で、雨漏りの原因が発見できたら、その原因を取り除くための雨漏り修繕工事のお見積りをお出しすることになります。
また、雨漏り原因が発見出来ない場合は、散水調査やロープブランコ調査などの雨漏りの原因をはっきり特定するために行う調査のお見積りをお出しすることになります。


『軒天井にシミがでているのですが』

雨漏りしていると思われます。また、雨樋や排水管の継ぎ目からの水漏れの可能性もあります。
室内に浸水していないようですが柱や壁が腐食してしまいますのでお早めにご相談ください。


『室内の天井やクロスにカビが生えてるのですが』

雨漏りの可能性もありますが、「結露」の可能性も考えられます。
点検口があればまずは屋根裏の点検をしましょう。


『天窓・トップライトから水滴が落ちてくるのですが?』

天窓・トップライトは雨仕舞の欠陥やパッキンなどの経年劣化による雨漏りの事例も非常に多いのですが、雨漏りではなく、「結露」の可能性も考えられます。
晴天続きの日にも水滴が発生し、冬の寒さが厳しい期間にしか発生しないことや暖房を使っている時に特に目立つ場合は結露と考えられるでしょう。


『2階は雨漏りしてないのに1階が雨漏りするのですが?』

雨漏りは屋根からだけでなく、サッシ・窓枠回りやエアコンの配管スリーブなどの開口部の僅かな隙間や、外壁のひび割れや壁内の不具合によっても発生します。
また、上階に浴室や手洗いなどがある建物は、屋内の給排水管からの漏水・水漏れの事例もあるのでご注意ください。


『雨漏りしてるようですが放置しておいて大丈夫ですか?』

雨漏りを放置すると木は腐りやすくなります。カビ・腐朽菌が繁殖しシロアリを呼び込む原因になります。カビが胞子を放出しアレルギーの原因になる可能性もあります。雨漏りを放置していいことは一つもありませんので早めに修理しましょう。


『外壁にひびが入ってるのですが?』

外壁素材の素材によっては雨水が浸入しやすいです。わずかな隙間から柱や梁を伝って室内への雨漏りの原因となることがあります。 


『大雨・台風で突然雨漏りしました。何か自分で応急処置はできますか?』

室内で出来る事は屋根裏を見て雨水侵出位置があればそこにバケツを置く事でしょうか。外部であれば屋根・屋上にブルーシートを敷くことが一般的ですが、雨天時は足元が滑りやすく転落事故の可能性があり大変危険です。


雨漏りの知識へ戻る