建築物を守る防水工事

建築物の屋根は雨や雪、強風や紫外線などを防ぐ為の構造物で様々な形状があります。
傾斜屋根では、瓦・コロニアル・スレート・金属などをはじめとする屋根葺き材を使用してますが、傾斜屋根以外の屋根(陸屋根・屋上・バルコニー・ベランダなど)では、コンクリートや木材などの水平な屋根面を雨漏りから守るために、雨水を防ぐ層(防水層)をつくって対処しています。
この防水層を設ける工事を防水工事といい、防水層を施工する部位や構成する資材の種類とその組み合わせによって様々な工法があります。


部位別の防水工事施工例

屋上防水・ルーフバルコニー

屋上防水

屋上は、建物の最上部で平面になっている部分、陸屋根ともよばれている。ルーフバルコニーはおもに階下に居室があるバルコニーのこと。

屋上の防水工事はこちら

ベランダ・バルコニー・共用部

ベランダの防水

ベランダは建物の母屋から張り出した部分で、庇や軒下に収まるもの、屋根がかかっているもの。屋根がかかってないものはバルコニーとよばれている。

ベランダの防水工事はこちら


防水層の不具合事例

防水性能を長く維持していくためには、不具合箇所の早期発見・早期対応が不可欠であるのは言うまでもありません。定期的に点検や確認を行い、防水層の現状を把握することが大切です。

ルーフドレンの詰まり

ルーフドレンの排水不良
木の葉や土砂が堆積や雨樋のつまり等の排水不良のため生じた水溜まり。

アスファルト防水層のしわ 

アスファルト防水層のしわ
下地の湿気、防水層の熱収縮、断熱材の不具合などにより生じた線状のしわ。

ウレタン防水層のふくれ 

ウレタン防水層のふくれ
下地の水分が気化膨張し防水層を押し上げる現象。

塩ビシート防水の浮き

塩ビシート入隅部の浮き
ローラー転圧の不備や塩ビ鋼板(固定金具)のアンカーの引抜けなど。

シート防水の口開き

シート防水のジョイント不具合
シート防水のシート相互のジョイント部分の剥がれ。

塗膜防水の亀裂・ひび割れ 

塗膜防水の破断
ウレタン防水やFRP防水などの塗膜防水層のひび割れ。

屋上の水溜まり

水勾配不良
水勾配の不良による屋上防水の水溜まり。早期劣化の原因となる。

立上りの不具合 

立上りの不具合
立上り・防水端末の不具合は雨水の侵入口になりうる。