塩ビシート防水機械的固定工法

塩化ビニル樹脂系シートの機械的固定工法は、下地にドリルで450mm~600mm前後のピッチで穴をあけ、表面加工されたディスクと呼ばれる円盤状のステンレス板と固定用アンカーを用いて下地に防水シートを部分的に固定する工法です。

設備の基礎や側溝など凹凸形状が多い複雑な形状の屋上には不向きですが、既存アスファルト系の露出防水層の上から被せて施工できるメリットがあり、耐久性も良好で改修工事における被せ工法の主流となっています。

絶縁シート敷設、ディスク板固定

塩ビシート敷設、誘導加熱、圧着

接合端部処理



防水工事の施工例

機械的固定工法は施工性がよく品質が安定してますが、下地に部分的にしか固定されていないことから、強風時には風が渦を巻いてシートを持ち上げようとする力(負圧)が働き、シートめくれ上がるようにあおられます。台風時の風圧力に耐えられずアンカーが引き抜けてしまう事故が実際に発生しており、防水層の施工にあたっては、算定された風圧力を上回る固定力で屋根面へ固定することが求められます。

施工前:加硫ゴム系シート防水

施工後:塩ビシート防水



前のページに戻る