ベランダの防水工事例

ベランダやバルコニーの下が居室になっている場合は、屋根と同様にある程度しっかりした防水処理が必要です。この建物では緩衝工法で施工しました。通気緩衝シートが下地のひび割れや押えコンクリートの動きに対して柔軟に追従し、防水層の破断を防止します。


1.施工前

直下の階に雨漏りしている。下地の状況や雨漏りの原因をよく調べる。

施工前


2.清掃・伸縮調整目地の撤去

下地の埃や汚れをしっかり除去し伸縮目地を撤去する、エアコンの室外機はロープや架台などで吊り上げます。

伸縮調整目地撤去


3.プライマー(接着剤)塗布

下地と防水層との接着力を確保するためにプライマーを塗ります。下地の吸い込みが激しい場合は再度塗布する。

ウレタンプライマー塗布


4.シーリング充填

伸縮調整目地を撤去した部分にシーリング材を充填します。

シーリング材充填


5.通気緩衝シート貼り付け

下地からの蒸気によるふくれや建物の挙動による防水層の破断を防ぐためのシートを床面に貼り、シート端部の処理を行います。
その後、立ち上がり面に防水材を塗布し補強布を張り付けます。

画像の説明


6.防水材塗布

ウレタン防水材を所定の厚さになるよう塗布します。

平場・ウレタン防水


7.トップコート
防水層を紫外線による劣化から保護するため、トップコートを塗り仕上げます。

画像の説明




前のページに戻る