改質アスファルトシート防水 トーチ工法

この工法は改質アスファルトルーフィングシートをトーチバーナーにて炙りながら融着させて防水層を形成します。トーチ工法の利点は、熱工法のアスファルト溶融釜のような大がかりな機材が不要で環境問題にも対応しています。
コストパフォーマンスに優れた工法ですが、炙り不足などの施工不良が原因による早期劣化や雨漏りなどの不具合が多く発生しており、精度の高い確実な施工が必要です。

0589-900.JPG

アスファルトプライマー塗布

0620-900.JPG

改質アスファルトシート防水トーチ工法


屋上アスファルト防水の改修例

一度雨が降ると何日も水溜まりが続いてしまう場所は、防水層が早期に劣化し継ぎ目から水が浸入してしまい雨漏りの一因となります。
また表面の保護塗装が劣化すると、熱や紫外線により防水層の劣化が進んでしまうのです。防水層を長持ちさせるためには、水溜まりを解消し定期的なメンテナンスを行う事が必要です。

1030601-750.jpg

施工前

1030553-750.jpg

施工後

工事箇所…屋上 アスファルト防水露出仕上げ
工法洗浄… 勾配調整 トーチ工法による張り重ね 保護仕上げ塗装


画像の説明

施工前

画像の説明

施工後

工事箇所…機械室屋上
工法洗浄… ふくれ補修、ドレン改修、トーチ工法による張り重ね 保護仕上げ塗装